時間配分も設定可能です|実はギフトにも使えちゃう!便利な家事代行サービスの色々な使い方

時間配分も設定可能です

床掃除をしている女性

実際に、一般的な家事代行サービスの内容をみていきたいと思います。
たとえば、掃除を主体とした家事代行サービスの場合、リビングルーム(1部屋)40分・バスルーム30分・キッチン20分・お手洗い20分といった具合です。

部屋の汚れ具合によってもこれらの配分は変わってきますので、どの場所を重点的に綺麗にしてほしいのかはスタッフと相談するといいですね。
相談するときには、自分がどのようにしてほしいのかをきちんと要求することが大切です。
触ってほしくない場所、とくに綺麗にしてほしい場所を伝えるのも、サービスを上手く使うコツだといえるでしょう。

料理・洗濯も家事代行サービスしてほしい!という方もいると思います。
料理は食材を買ってくるサービスをしている業者もあります(食費は自己負担)。

冷蔵庫のなかにあるもので作ってほしいのか、それとも食材を買ってきて作ってほしいのか、それによって値段も変わると思いますので、依頼するときにきちんと確認するといいでしょう。
それは洗濯も同じです。
ハンガーや洗濯ハサミのどれを使ってほしいのか、扱いに気をつけてほしい洋服などは、事前に伝えておきましょう。

長期の出張・旅行などで長期間空けるときにも家事代行サービスはオススメです。人のいない家というのは空気がこもりますし、人がいなくともホコリはたまります。
長期間家を空けるときには、保全管理も大切です。

このような機会には、定期的に掃除しに自宅を訪れて空気を入れ換えてくれる家事代行サービスはぴったりだと思います。